不動産の売買において知っておきたいこと ab-roma.org

不動産売買で損をしないために
不動産の売買において知っておきたいこと

トップ » 不動産

サイトメニュー

運営方針

不動産関係の法律を学ぶためには

不動産関係の法律を学ぶ上では、幅広い分野の法を学ぶ必要があります。まず民法の物権法・債権法を重点として、借地借家法、登記法、建築基準法、宅地建物取引業法、国土利用計画法等です。それ以外にも沢山の学んで知っておかなければならない法律が存在します。なお一番良いのは、国家試験として宅地建物取引主任者という資格がありますので、その試験科目をそのまま学習することが近道でもあるかもしれません。なお不動産を持たない一般人にはあまり馴染みが薄いですが、土地や建物を所有している人にとっては、学んでおく価値があります。

可能な限り避けたい不動産競売

不動産を競売で売却するのは損です。競売は安い価格で買い叩かれることが多いと思います。強制的に売られる前に自分から売ったほうが良いです。自分から売ることを任意売却と言います。任意売却すれば、かなり高い価格で売ることができます。残っている債務が減りますし、その後の返済が楽になります。任意売却は自分で売ると言いましたが、実際に売るのは専門業者です。任意売却するためには、それなりの資金が必要になります。不動産を任意売却するなら、まずは専門家に相談しましょう。いきなり業者に相談するのはあまりおすすめしません。

不動産賃貸経営で認められる経費とは

アパート賃貸などの不動産収入における主な経費には、以下のものがあります。固定資産税物件にかかる固定資産税です。まず損害保険料物件に掛けている地震保険や火災保険などです。つぎに修繕費水道の故障等の修繕費です。ただし借主の退去時に敷金から支払った部分は対象外です。それから減価償却費物件の減価償却費です。リフォーム等で高額になった部分もこちらになります。最後に借入金利子不動産を入手するためにお金を借りている場合、その返済の利子です。元本部分の返済は経費となりませんので注意してください。